三井ホーム 契約後 値引き

三井ホームの契約後の値引きについて

普通一度契約をした時に、それによって双方の合意が見られたという事になりますのでよっぽどの事がない限り、その契約事項を破棄する事はないでしょう。

 

 

たとえば、新しく会社に勤め始めるときに雇用契約書というものを雇用者と結びます。その契約を結んだ後に契約内容で何か文句をつけたりすることはできません。

 

 

なぜならそのような問題が起きないために契約を行うからです。

 

 

では家を購入した時はどうでしょうか?家もひとつの商品と考えるなら

 

 

その商品を購入する契約をした後に契約の変更をする事は普通に考えて難しいといえるではないでしょうか?

 

 

では三井ホームで住宅を購入、つまり建てていただく事を決定した後に値引き交渉をする事ができるのでしょうか?

 

 

基本的には難しいといえるでしょう。なぜなら契約をしてしまったからです。

 

 

法律的にもその契約書を履行する義務が双方に求められているからです。

 

 

たとえば、購入した側からしたら、ある部分の値段が他の会社と比べて高いので値引きして欲しいと願うかもしれません。

 

 

しかし三井ホーム側としては、もし材料費の値段が高騰してもその部分を値段に上乗せする事を申し出るのは難しいでしょう。

 

 

ですから一度契約した値段においては交渉は難しいです。

 

 

しかし踏まえておきたいのは一度契約をした後でもその契約以外で支出が生じる事が多々有ります。

 

 

なぜなら普通本体工事価格というのは家本体の値段しか含まれないからです。

 

 

その中には照明代、カーテン代、または外交公示の値段が含まれておりません。

 

 

ですから上記の備品や、他に加わる工事はそのつど値段を交渉しなくてはなりません。大きな契約前でしたが、

 

 

三井ホーム側もその契約が欲しいですので大幅な値引きをしてくれる事が有ります。

 

 

しかし家本体の契約をした後のこまかな工事などには値引きを頼むのが難しくなります。しかしその際でもよく下調べをして契約後の値引きにチャレンジしましょう。ひょっとしたら面倒臭くなってしまうかもしれませんが、そこは負けずにチャレンジして値引き交渉を勝ち取りましょう。

 

 

三井ホームの値引きのTOPへ戻る