三井ホーム 値引き 決算

三井ホームの決算時の値引きについて

大きな買い物をする時にはもちろん売るほうにも大きな利益が有りますので値引きをして欲しいと申し出る事が普通になってきました。

 

 

以前は電化製品も待ちの電気屋さんでほぼ定価どおりの値段で買っていましたが、

 

 

今では数多くの電気屋さんにいって一番安い商品を買うのが普通になってきました。しかし家を購入する際はある電化製品を購入するのとは話が違ってきます。

 

 

なぜなら電化製品は大量生産されており、同じ商品がどこでも売っているからです。しかし家は、その大きさ、また作り、使う材質一つ一つ考慮してどれも同じ家は有りません。

 

 

ですから家の値引き交渉は難しくなってきます。

 

 

では三井フォームで家を建てようと思うときいつだったら値引き交渉がしやすいのでしょうか?

 

 

よくセールスマンは今期の決算が迫っていますので、今でしたら普段よりもお安くできますと、言ってきます。この言葉は信じても良いのでしょうか?

 

 

 

たしかにどの会社でも決算というのが有り、その決算の前に良い売り上げの表示をしておきたいと思いますのでこの申し出も分からなくはありません。

 

 

ではその決算の9月と3月には普段ではありえない値引きを行っているのでしょうか?

 

 

そうともいえるし、そうでないともいえます。

 

 

なぜならその対応するセールスマンの持っている値引き額や、状況によって異なってくるからです。

 

 

確かに決算前では多くのセールスマンが必死になって営業をかけていますが、決算が終わった後でも、上手に交渉するなら同じ額の値引きを勝ち取る事ができます。
なぜならもちろんの事、決算前でも決算後でもお客さんは欲しいからです。

 

 

ではなぜ三井フォームでは決算前ですから通常異常の値引きをしますよとの宣伝文句を出すのでしょうか?

 

 

それは購入者の背中を一歩押す一言としてです。普通家を買うときはじっくりと考えて、後悔のない決定をしたいと思いますので、決定に時間がかかります。急いでいないで、ずっと悩んでいる人に、今が一番お買い得ですよと伝え決定を促す効果があるのです。

 

 

三井ホームの値引きのTOPへ戻る